「壁」や「ハードル」が高く見えるのには理由があります

例えば目標体重。  

ズバリ数字にとらわれると、思うような結果は得られません。

例えば腹筋割りたい。

ズバリその前にからだを傷めます。

目的があるのなら、まずは準備が大切ですよね?

なんの装備もなくエベレスト登頂に向かう人はいません。 生まれたばかりの赤ん坊は、いきなりダッシュはできません。

からだの基本を知り、自分のからだの癖を知り、まずは体感するんです。

「トレーニング」という言葉のハードルはその人がもつイメージでしかありません。

からだの痛みが取れ、からだが軽くなり、肌つやが良くなり、気持ちも軽くなります。

6月はいわゆる季節の変わり目で、メンタルもフィジカルも落ちやすくなります。

自己啓発に一番いいのは「運動」です。

まずはからだを動かしてみてはいかがですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる