TEL:090-5635-6667

  • 怪我をしない身体作りとは?筋トレだけでは得られない能力。運動パフォーマンス向上とのつながり。

    2020年7月12日




    怪我をしない身体作りとはどうゆうことなのか?

    どうしても競技のパフォーマンスや、
    ボディラインなど
    目先にフォーカスをあてがちだけど

    トレーニングというのはそもそも
    怪我をしない身体を作るのが大前提であり
    パフォーマンス向上や見た目はその次だと思います

    私もそうでしたが
    目に見えるものを意識して
    それを前提に
    トレーニングやレッスンを行なってきましたが

    そのときは良くても
    やはりその状態は長くは続きません

    ましてやトレーニング中に
    どこかを痛めるなど問題外

    「スクワットをやる時は
    つま先より膝が前に出ないように」

    と言います

    じゃあなぜ膝が前に出てはいけないのか
    出たらどうなるのか
    どうしてそうなるのか


    柔軟性が必要だと言われるけど
    何故必要なのか

    じゃあ柔らかい体操選手は怪我をしないのか

    バレエダンサーは
    ポワントで立ったり踊ったり

    あんなに脚を酷使しているのに
    なぜ筋肉ムキムキにならないのか

    (ちなみになる人もいますが)



    筋肉の作用
    その人の生活習慣や競技性


    少しづつ紐解いていきながら
    その人に合ったトレーニングを行います

    まずはご相談くださいね