TEL:090-5635-6667


プロフィール

ごあいさつ
ジャズダンス yukie

未来授業講師

私がダンスを始めたのは、大人になってから。

飛び込んだのはジャズダンスの世界。音楽に合わせて体を動かすって楽しい!!とダンスの魅力にすっかりハマってしまいました。

当時通っていたダンススクールは、ほぼ皆勤賞!そんな頃、地元のお祭りで踊りの指導を依頼され、人に伝える「楽しさ」と同時に「難しさ」を実感。その頃、地元の子供達にダンスを教えて欲しいとのお声をいただき、子供達と一緒に踊れる楽しさに感動し「先生をやりたい!」との想いからダンススタジオを立ち上げました。

子供達にダンスの楽しさ、ダンスの素晴らしさを伝えたい!と指導にも熱が入り、自分自身ももっとダンスが上手になりたい!もっとたくさん踊りたい!と、どんどんジャズダンスの世界にのめり込んでいくのと同時に、大人になってから始めたダンスに体は技術どころか柔軟もキツイ!表現とは程遠い現実に悩み、苦しみました。

ジャズの基礎をしっかりやればやるほど私の体に無理が重なり、ついには体を壊してしまいました……。踊りたい気持ちはあるのに、思うようにならない体をどうにかして踊れるようになりたい!!毎日毎日そんなことばかり考えていました。

そこで出会ったのがフィジカルトレーニング&体幹、そしてヨガでした。

ヨガを始めてから少しづつ体が整っていきそして体幹を鍛えることで体幹の必要性を感じ、心身ともに整えるヨガは私の生活の一部となり、大好きなダンスを続けるために何が必要なのか?何をしたらいいのか?を深く考えるようになりました。

自身の長く続けてきた調理師の経験を活かし、内側と外側から元気で美しく健康で豊かな人生を送れるよう、そして大好きなダンスを1日でも永く踊れるよう日々精進しております。

episode1 体幹トレーニングを始めたキッカケ

episode2 ヨガを始めたキッカケ
大人になって始めたダンスやバレエは、想像以上に身体に負担だったことと、無理が重なり体を壊してしまいました……。ダンスも私生活も無理を重ねてきた私の身体は限界。当時通っていた治療院の先生に大きな声で怒られました。自分なりに生活、仕事を一生懸命頑張っていたのにボロクソ言われ(笑)
施術室でボロボロ泣きました……悔しくて。

これではバレエの表現なんてとてもできない、ダンスも踊れない……と悩んでいた時に、ヨガの先生のことを思い出し、スタジオの門を叩きました。思うように動かない体と向き合いながら「必ず踊れるようになってやる!」と心に誓い、ヨガのレッスンを地道に続けました。
だいぶ身体の調子も良くなってきて、ヨガの良さを改めて実感。もともとヨガを仕事にするつもりではなく、自分の身体を治したい一心でしたが、「フィジカルヨガ」を私のように身体の不調で悩んでいる方にお伝えしたい!と感じ、ヨガインストラクターとして活動を行うようになりました。
ステージ上でジャズダンス

ダンサー yukie

ダンスを踊るyukie


episode3 調理師になったキッカケ
小学生の頃からお料理が大好きで、妊娠をキッカケに空き時間で調理師の勉強を始めました。
将来は居酒屋やカフェを経営したいと考えましたが、ひとりで料理もドリンクもスイーツも全部こなすのは厳しいと断念しましたが……。それでも製菓、調理がたまらなく好きで調理師の仕事を続けてきました。

息子のアレルギー体質、母親の糖尿病をキッカケに、口から身体に入るものの重要性と大切さを学びました。調理師としての仕事の後半は、自身の身体のメンテナンスと維持。そしていつまでも大好きなダンスを踊っていられるように、内側からも意識を向けるようになりました。

誰もが一番大切だと感じている「健康」。それは自分自身で手に入れることの出来る一番身近な「幸せ」だと思います。自分の意思でコントロールできる唯一のものが「健康」です。

私が今までの人生で学んだ全てを、大切な方々の「健康で幸せな人生」づくりのために役立てていきたいです。


お問い合わせはこちら
090-5635-6667
受付時間/9:00~20:00 担当/河島
(お電話に出ることができない場合もございますが、折り返しご連絡させていただきます)